群馬県支部 規約

日本防災士会群馬県支部規約

(名称)
第1条 本会は、日本防災士会群馬県支部(以下「本会」という。)と称する。

(会員)
第2条  本会は、日本防災士会会則第11条に基づく群馬県支部で本会の目的に賛同する群馬県内に在   住又は勤務する防災士の有志によって構成する。

2 本会へ入会又は退会しようとする者は、支部長に届け出るものとする。

3 会員は、年会費の納入をもって会員とし、退会、死亡又は除名によって資格を喪失する。また、年会費を特別な事情がなく、指定された期限内に納入しなかった者は、退会したものとみなす。

4 群馬県内在住で、本会の目的に賛同し、協働する意思のある個人又は団体を支部賛助会員とする。なお、賛助会員は会務の議決権を持たないものとする。

(目的)
第3条  本会は「自助」、「共助」の原則のもと、会員のネットワークを構築し、防災士としての活動と技術研鑽を支援することを目的とする。

(事業)
第4条  本会は、前条の目的を達成するため、次の事業を行う。

(1)防災士としての活動と防災・減災技能の研鑽に資する事業

(2)会員相互の交流に資する事業

(3)講演会及び研究会等の開催に関する事業

(4)その他本会の目的を達成するために必要な事業

(事務所)
第5条  本会の事務所を、支部長宅に置く。

(役員)
第6条  本会に、次の役員を置く。

(1)支部長   1名

(2)副支部長  3名

(3)会  計    1名

(4)幹 事  若干名

(5)監 事   2名

(6)事務局   4名

2 役員の任期は1年とする。ただし、再任を妨げない。

3 補欠により、選任された役員の任期は、前任者の残任期間とする。

4 本会に顧問、相談役、参与等を置くことができる。

(役員の職務)
第7条 役員は、次の職務を行う。

(1)支部長は、本会を代表し、会務を統括する。

(2)副支部長は、支部長を補佐し、支部長に事故があるとき又は支部長が職務を遂行できない事由があるときは、その職務を代行する。

(3)会計は、本会の会計事務を処理する。

(4)監事は、本会の会計事務及び業務執行について監査を行い、定期総会に報告することとし、報告の必要があると認めるときは、臨時総会の開催を請求する。

(会議)
第8条  本会に次の会議を置く。

(1)定期総会

(2)臨時総会

(3)役員会

2 定期総会は毎年1回以上開催し、役員、予算、事業計画の決定及び決算の承認等を行う。

3 役員会は総会の決定に基づき、会務の執行にあたる。

(会計)
第9条  本会の収入は、会費、寄付金及び事業による収入等をもってこれに充てる。

2 会費の額については別に定める。

3 本会の会計年度は、毎年4月1日から翌年3月31日までとする。

4 事業による収入は、本会へ依頼のあった講習会、研修会、防災技術の指導等を実施する際に主催者側からの謝金等(情報提供料・技術指導料・機器使用料等)の一割を本会に納入するものとする。

(弔慰)
第10条 本会会員又は会員の配偶者が逝去した場合は、弔慰を行ものとする。

(委任)
第11条 本会の事業及び運営に関する細目については、日本防災士会群馬県支部運用規定に定めるものとする。

 

 

(附則)この会則は、平成21年4月19日より執行する。
(附則)平成25年4月14日一部改正
(附則)平成26年4月13日一部改正
1 第6条 支部長代行1名を削除、事務局を3名に改正
(附則)平成28年4月16日一部改正
(1) 第6条第1項 副支部長若干名を3名、監査1名を2名、事務局3名を4名に改正
(2) 第6条第2項  本文中の顧問の次に「相談役」を追加
(附則)平成31年4月28日一部改正
(1) 第8条第3項「本会会員が本規約第4条第1項第3号に規定する講習、研修、技術指導等を実施する際、名目の如何を問わず主催者側より謝金等を得るときは、その1割を本会に寄付(情報提供料・技術指導料・機器使用料等)する。」を追加
(附則)令和2年5月7日一部改正
1 第2条、第6条第3項を改め、「第7条を第8条」に「第8条を第9条」とし、第7条、第10条及び第11条を新設
2 その他、規約全体の体裁等を見直し

コメント